低糖質ダイエットをする時の栄養補給

ダイエットを成功させるためには、体脂肪の分解を盛んな状態にするとともに、エネルギーの消費が効率的な元気な状態にしていくことが大切です。このうち、体脂肪の分解を盛んな状態にするためには、低糖質ダイエットの最初の14日間の超低糖質な食事があります。では、元気な状態にしていくためには何があるでしょう?

元気の素、コエンザイムQ10+ビタミンB群

コエンザイムQ10といえば元気の素ですが、それ以外にも元気の素はあります。あの「ファイト一発」で有名なドリンク剤はビタミンB1、B2、B6を含んでいますよね。このことからわかるように、ビタミンB群も元気の素となる栄養素です。ですから、元気を出すための栄養補給としては、コエンザイムQ10とビタミンB群をバランス良く摂っていくことが大切です。

コエンザイムQ10と一緒に働く栄養素については、すでに説明した通りですが、ビタミンB群は、いろいろな種類のビタミンBを一緒にとってはじめて、それぞれの機能を最大限に発揮します。ですから、ビタミンB1とか、ビタミンB2だけを摂るのではなく、ビタミンB群として、まとめて摂ると合理的です。その中でも、ビタミンB6とビオチンは、低糖質ダイエットと特に相性の良い栄養素です。

低糖質ダイエットでは、「主食」+「オカズ」の食生活を「オカズ」+「オカズ」にすることからスタートしますので、「オカズ」の栄養バランスを工夫すれば、サプリメントの使用量も少なく済ませることができます。レバや緑黄色野菜を食生活のレギュラーメンバーにして、これらの栄養素を効率的に活用するようにしましょう。かなり古い話ですが、天才バカボンのパパの好物は「レバニラ炒め」。身体を動かすためには臭い野菜とレバが役に立ちます。

このような栄養素の補給をサプリメントの力も借りるとした場合には、総合ビタミン、総合ミネラルを少し補給するとともに、ビタミンB群やコエンザイムQ10をプラスするような感じでいくと良いでしょう。

また、脂質の高い食生活に切り替える時期には、一時的にカルシウムが不足することが知られています。でも、これは、総合ミネラルを補給すれば問題ないでしょう。カルシウムはマグネシウムとともに摂ることが大切です。その比率は2:1とか1:1とか言われていますが、食生活にもよりますのでアバウトで構いません。

サプリメント初心者用の基本的な組合せとしては、ビタミン+ミネラルのサプリメント還元型コエンザイムQ10の組合せをおすすめします。

なお、TVMプラスに食物繊維を加えたような成分のデイリーバイオベーシックスという総合栄養飲料(粉末のサプリメント)もありますが、まずいので不用意に購入しないようにしましょう。(私は愛用しておりますが・・・)

なお、ここで紹介したサプリメントは、あくまでも、低糖質ダイエットをサポートするものです。これだけで痩せることができたのは、私の知る範囲内では一人しかいませんので、誤解の無きよう。。。

次のページへ